セックスレスが原因の離婚、慰謝料は発生する?

夫(彼)が抱いてくれない!セックスレスの原因・改善・解消法!

▼MENU

セックスレスが原因の離婚、慰謝料は発生する?

セックスレスは、立派な離婚事由に該当することがあります。

ほとんどのカップルは協議離婚をしますが、
場合によっては裁判となり、そこでセックスレスについても
大きく扱われることがあるのです。

中には慰謝料の請求を認められたケースも何例かあります。


■セックスレスはなぜ離婚の原因になるのか?

セックスレスが離婚事由として認められる
理由の1つが「夫婦の信頼関係」の問題です。


せっかく夫婦になったのに、セックスどころか
キスやボディタッチまで拒まれて思い悩んでいる人が
実際たくさんいます。


さらに何度相手に相談や説得をしても、
けんもほろろに冷たくあしらわれる。

これでは夫婦間の愛情や信頼は失われてしまうでしょう。

また、セックスレスは浮気の原因になりやすいことも大きな問題です。


セックスを拒まれた側が、寂しさやもてあました
性欲から浮気に走ることもありますし、拒んでいる側が
実は他にパートナーを作っていた、ということもあり得ます。


調停になった場合、浮気とセックスレスのどちらが
先に起こったのかが論点になることもありますが、
いずれにせよ両者には密接な関係があるのは明らかです。


お互いに性交渉がなくても愛情をもって
夫婦生活を維持できればいいのですが、
実際は両方もしくはどちらかが不満を
抱え込んでいることも多いのです。



■実際に慰謝料を請求できたケースとは?

セックスレスが原因の離婚で、
慰謝料が発生した判例がいくつかあります。

平成5年に福岡の高等裁判所で起こった裁判では、
入籍してから5か月間で性交渉が2~3回のみ、
その後は拒み続けた夫に対して120万円の慰謝料が認められました。


また平成19年に東京地方裁判所で起こった裁判では、
婚姻期間中まったく性交渉をもたなかった相手に対して
100万円の慰謝料請求が認められましたし、
もっとも高額な慰謝料としては平成2年に京都の地方裁判所で
起きた裁判において、3ヶ月の婚姻期間中に1度も性交渉を
もたなかった夫に対して500万の支払い義務が認められています。


ただし、全体的には性交拒否に加えて言葉の暴力や
無視といったプラスアルファがあったケースが多く、
セックスレスだけでは事由としては弱いかもしれません。


また、病気や高齢などによる性交不能は、もちろん対象外です。

しかし、夫婦にとってセックスレスは
重大な問題であることが分かります。


~あなたの離婚問題もきっと解決できます~






小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! 不妊治療の基礎知識~不妊症解消に向けて~
肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因 PMS(月経前症候群)解消には自分でできる対処法があります!


  • SEOブログパーツ

旦那さんをその気にさせる方法

セックスレス

セックスレスと離婚

彼をその気にさせるラブグッツ

セックスレス危険指数

デリケートゾーン対策

セックスレス解消法