日本における産後セックスレスの原因

夫(彼)が抱いてくれない!セックスレスの原因・改善・解消法!

▼MENU

日本における産後セックスレスの原因

日本人夫婦のセックスレス率は、世界の中でも
かなり高いことで知られています。

2011年におこなわれた「男女の生活と意識に関する調査」によると、
婚姻関係にあるカップルの実に41.3パーセントが、
1ヶ月以上にわたって性的な交渉をもっていないことが
明らかになりました。

そのきっかけとして特に多いのが「産後なんとなく」というものです。
産後セックスレスになる原因について見ていきましょう。


■産後の女性は性欲がなくなる!?

大きな原因の1つが、女性の体に起こる変化です。

女性は妊娠すると、脳下垂体から「プロラクチン」という
ホルモンの分泌が始まり、産後の授乳期にもっとも分泌量が増えます。

母乳を出すために大切なはたらきをするホルモンなのですが、
同時に性欲を減退させる作用もあるのです。

プロラクチンは男性の射精後にも分泌されます。

性行為の後で一気に性欲がトーンダウンするのも、
このホルモンによるものです。

つまり産後に女性がセックスを拒んでしまうのは、
自然現象のようなもの。

授乳中は生まれた赤ちゃんの育児に専念するため、
次の子どもができないように体が防御している
ともいえるのかもしれません。

男性側はそんな女性の体の変化に配慮するとともに、
女性もパートナーの性的欲求をないがしろにしないよう、
できる範囲でスキンシップをとることが大切といえるでしょう。


■寝室の問題

日本では、産後は寝室を別にしてしまう夫婦が多くみられます。

特に生まれたばかりの赤ちゃんは夜泣きをしますので、
旦那さんの仕事に影響が出ないよう、
仕方なく別々に寝ることもあるでしょう。

ところが欧米では、たとえ新生児であっても基本的には1人で寝かせ、
夫婦は自分たちの寝室でいっしょに寝るのが常識です。

あくまで家族の基本単位は「夫婦」である、
との考えが根付いています。

しかし日本人にしてみると、小さな赤ちゃんを
1人で寝かせることは考えられません。

夜中もすぐに授乳できるよう、
母親が添い寝をすることが当たり前です。

また日本では家が狭いことも手伝って、
親子で「川の字」で寝る文化もあります。

こうした日本ならではの習慣や価値観も、
産後セックスレスの一因といえそうです。

改善のためには、たまには子どもを人に預けるなどして、
夫婦だけの時間を意識的にもつ努力が必要かもしれません。


>>>>>妊娠前より綺麗になれる産後ダイエット法<<<<<




小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! 不妊治療の基礎知識~不妊症解消に向けて~
肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因 PMS(月経前症候群)解消には自分でできる対処法があります!


  • SEOブログパーツ

旦那さんをその気にさせる方法

セックスレス

セックスレスと離婚

彼をその気にさせるラブグッツ

セックスレス危険指数

デリケートゾーン対策

セックスレス解消法